ソーラーパネル

太陽光発電の仕組み・基礎知識

ソーラー発電は、再生可能なエネルギーとして注目を集めています。その力は強力で、地球に到達する太陽光エネルギーのたった1時間分だけで、地球上の人たちが1年間に消費するエネルギーをまかなえるほどだといわれています。陽の光が当たらないところは地球上にはほとんど無いため、地域による偏りがない太陽光を活用すれば、CO2の削減や資源問題の解決などに役立ちます。

地球のどこでも利用可能なソーラー発電

ソーラー発電とも呼ばれる太陽光発電は、再生可能なエネルギーとして注目を集めています。その力は強力で、地球に到達する太陽光エネルギーのたった1時間分だけで、地球上の人たちが1年間に消費するエネルギーをまかなえるほどだといわれています。地球上で陽の光が当たらないところはほとんどないため、どこでも使えるソーラー発電を活用すれば、CO2の削減や資源問題の大きな解決策になります。

なぜ太陽光電池は発電するのか

太陽光発電システムの中心となっているのが太陽電池パネル(太陽電池モジュール、ソーラーパネル)です。太陽電池パネルはシリコンなどの半導体でできており、吸収した太陽光がこの半導体に当たると電気になります。

少し難しい話になりますが、太陽電池パネルに日光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生し、正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体へ引き寄せられます。これによって、表面と裏面につけた電極に電球やモータのような負荷をつなぐと、電流が流れ出すという仕組みです。

太陽電池パネルの種類について

太陽電池パネルは、一見するとどれも同じように見えますが、実はいくつかの種類があり、それぞれによって性能や特質が異なります。大きくは、使う素材によって「シリコン系」と「化合物系」の2つに分けることができます。

家庭用、産業用にかかわらず、最も広く用いられているのがシリコン系で、なかでも「単結晶シリコン」は変換効率も信頼性も高く、地球だけでなく宇宙でも使用されています。また、「多結晶シリコン」は信頼性が高く、大量生産にも適していることから地上でよく使用されています。

一方、化合物系の「単結晶化合物」は変換効率も信頼性も高いのですが高価なため、人工衛星などの特殊用途で用いられています。

ソーラーパネル・太陽電池モジュールの詳細はこちら

品質検査代行サービス

専門家による信頼性の高い品質検査を全面サポートします!

EL検査EL検査

EL検査とはEL(エレクトロルミネッセンス)現象を利用した検
査であり、セルに電気を流すことで、 セル自体が発光する特性
を利用し、肉眼では確認できないセル内部のマイクロクラック
や、 電極不良等を特殊なカメラを用いて長期信頼性に影響のあ
る不具合の有無を検査することである。
セルの欠陥や不純物により、画像に濃淡が現れ、その濃淡で品
質を確認出来る。

サーモ検査サーモ検査

サーモ検査とは、太陽電池に電流を流し、配線部の電流と抵抗
により発熱するのを、サーモグラフィ カメラにて温度変化を
確認する。不良箇所には、電気の抵抗が高いことで正常なセル
に比べて多く発熱する。
ホットスポットなどの不具合を早期に発見することが可能で
ある。

ご要望に応じて、電気特性など弊社の生産設備を利用した日本品質の検査を提供いたします。
その他の測定、検査をご要望の際はご相談ください。

現地調査サービス

太陽光発電システムは設置して終わりではありません。
10年、20年と長く付き合っていくために設置後の検査は大切です!

ストリングI-V調査

I-VトレーサーでストリングI-V測定を行います。ストリングI-V調査
その結果を解析して不具合が疑われるストリングを検出します。

EL検査EL検査

専用ELで画像を取得して解析します。

解析レポート提出解析レポート提出

I-Vカーブの統計解析結果からパネルの 不具合原因解析まで、明確なレポートをご提供します。

メンテナンスプラン

プランA I-V + EL プランB I-V プランC EL
①ストリングI-V測定 ストリング全数 ストリング全数 -
②EL画像取得 I-V解析後不具合,ストリング特定,検査 - パネル全数
③解析レポート I-V,EL解析レポート I-V解析レポート EL解析レポート

※この他にもお客様のご要望、ご予算等に応じたプランをご提供させていただきますのでご相談ください。

見積相談アイコン2